【FF14初心者向け】操作モード変更からクエストアイコンの意味などチュートリアルのお役立ちガイド!

初心者の間
スポンサーリンク

※この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

あすきー
あすきー

こんにちは!あすきー(@asky222blog)です!

FF14のキャラクター作成が終了し、漸くゲームの世界に降り立つ事が出来ましたね。

綺麗なグラフィックと心地よいBGM、そして自分が降り立った地での景色や人々とそれを取り巻く問題など…。

ワクワクして、でもハラハラドキドキして、エオルゼアの地を歩み出す事になったアナタに待ち受けているのはチュートリアルです。

どのゲームでも必ずと言って良いほど存在するチュートリアルですが、慣れないゲームでは突然始まるチュートリアルに面食らってしまう事もあるでしょう。

今回はチュートリアルの一連の流れから、キャラクターの操作方法と画面説明クエストアイコンの意味などを解説していきます。

チュートリアル スタート

キャラクター作成が終了すると導入のムービーが流れ、それが終わると選んだ職業(クラス)にウルダハリムサ・ロミンサグリダニアへと降り立ちます。

そして最初に映し出されるのがそのメッセージです。

これよりチュートリアルが始まり、実際に自分自身でゲームのキャラクターを操作することとなります。

キーパットかゲームパットか選択

今後ゲームを操作する方法を問われます。

PCの方だとキーボードとマウスを駆使したマウス操作モードと、事前に購入などして所有していればコントローラーを使用したゲームパット操作モードを選択する事が出来ます。

PS4やPS5の方だとコントローラーとなりますので必然的にゲームパット操作モードとなります。

操作モードを変更したい場合

コントローラーを使ってゲームパット操作モードでやろうと思ってたのに間違ってマウス操作モードを選んじゃった!

もし選択肢を間違ってしまっても慌てる必要はありません。

画面右下のアイコンをクリックし、システムメニューを開きキャラクターコンフィグを選択すると、左側にコントローラーとマウスの絵が描かれています。

そこでマウス操作モードかゲームパット操作モードか切り替える事が出来ます。

もしPS4やPS5でマウス操作モードに変更する際は、図の手順でボタンを押す事でメインコマンドを開く事ができます。

そこからシステムメニューキャラクターコンフィグと選択する事で先述したログが表示されるのでマウスを選択すれば変更可能です。

キャラクターを実際に動かしてみよう

チュートリアルを進める為にアナタに声を掛けてくる人たちがいます。

この人たちはゲーム内で生きるNPC(Non Player Characterの略)と呼ばれるキャラクター達です。

ウルダハだとこのワイモンドさんと言う情報屋のNPCがチュートリアルの案内をしてくれます。

また、ワイモンドさんをターゲットし話しかけるとHowToと言うログが表示します。

こちらを読むことでより操作方法やゲーム内の仕様が理解できます

驚いた拍子などで咄嗟に消してしまってもHowToリストから再度確認する事ができますのでご安心下さい。

尚、HowToリストはシステムメニューHowToリストを開くから確認する事ができます。

ターゲットの取り方がわからない、「そもそもターゲットって何?」と言う方は此方の記事をどうぞ! ↓↓

クエストを受注しよう

チュートリアルの案内役であるNPCへ話し掛けるとチュートリアル用のクエストを受注出来ます。

こちらの画面からはクエストを終了した際に貰える報酬概要が記入されています。

クエストを受注するとNPCから今後進むべきことを指示されます。

NPCの視線や話している内容から何処へ進めば良いのかも確認する事ができますが、画面上にあるマップなどを見て行動するよう心がけましょう。

迷子防止になります!

右側には現在受注しているクエスト内容が表示されています。

今回のクエストタイトル『砂の都ウルダハへ』の真下には進行する為のコンプリート条件が書かれており、今回は「クイックサンドのモモディと話す」とあります。

その為、NPCのモモディさんに話しかけることで今回のクエストはコンプリートすることができる訳です。

クエストアイコンの意味

クエストアイコンとはクエストを受注する事が出来るNPCを知らせるものです。

これらには大きく分けて4種類のアイコンが存在します。

如何でしたか?

これでいよいよチュートリアルを終えて、エオルゼアの大地を駆け回る事が出来るようになりました。

これから待ち受ける冒険の旅が良きものでありますように…”アナタにクリスタルの加護があらんことを”!

今回は此処まで!

また次回お会いしましょう(*´ω`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました